風俗のアルバイトを旦那に内緒で始めて3ヶ月。

旦那には特にバレることもなかったので、私は週5の頻度で風俗のアルバイトをこなしていました。指名のお仕事だけじゃなく、運営会社さんが、常に案件を紹介してくれるスタイルだったので、私は人妻の割にお金を持ち始めたと思います。

だけど、何かが満たされない……。
お金でもなく体でもなく。そう、心が乾いている。

そう感じた私は、風俗のアルバイトで知り合った女性から、交際クラブというサービスがあることを教えてもらったのです。

交際クラブとは

交際クラブは性交渉を持たずして、男性と女性が美味しいものを食べに行ったり、映画を観に行ったり、ごくごく普通のデートを恋人感覚で楽しむサービスです。

若い女性を連れて歩きたい男性はもちろん、女性にとっても高級なお寿司屋さんに連れて行ってもらったりできるメリットがあります。

女子大生の子が登録しているようなサービスだと私は思っていたのですが、どうやら40代までの女性ならOKみたいです。

40代でも若々しく見える女性であればOK、というニュアンスなのかもしれませんね。

カラオケ

交際クラブで知り合った40代の男性との体験談

交際クラブで、デートをすることが決まった40代の男性と私は、新宿で落ち合うことにしました。

私はカラオケが趣味なのですが、彼もまた歌うことが好きな人のようです。
小室ファミリーの歌やミスターチルドレンの90年代の音楽を一緒にカラオケで歌って盛り上がりました。

その後は、彼が好きな新宿のお寿司屋さんに連れて行ってもらうことに。
日本酒を飲みながら、いろいろな話をしました。

彼もどうやら既婚者のようで、思春期の娘さんが2人いること。家庭には居場所がないことを話してくれました。

そして私は―。

旦那とのセックスレスの悩み、会話がないことを40代男性に打ち明けました。
すると40代の男性は。

「あなたが悪いわけじゃない。ただ、男は40を過ぎても子どもなんだ。仕事で疲れたら何もする気が起きないし、その気持ちを奥さんにわかってほしいと当然のように思っている。

いつも家事をこなしてくれるあなたがいなくなれば、彼は何もできない。あなたが家を飛び出せば、彼は慌てふためくだろうね」と言ってくれました。

そして、旦那の気持ちを呼び起こすにはどうしたらいいのか?
彼は自身が男である視点から、こんなアドバイスをくれました。

「一緒に晩酌をしようって声をかけたらどうかな? 酒のあてでも作って、おいしい日本酒でも買ってきて。あなたのようなおとなしい女性がそんなことを言ってくれたら、彼もきっと仕事を早く切り上げて帰ってきてくれるさ」

まさか交際クラブで夫婦間の悩みを話すことになろうとは。
そして、晩酌しようだなんて、今までなかった発想を共有してもらえるだなんて。

私は、40代男性と別れた後に、帰りの電車の中で旦那にLINEを送りました。
明日は金曜日だし、おいしいお酒を買って、酒のあてを作って待っているので早く帰ってきてくださいって。

今日たくさん働いてもらって、明日の金曜日は夫婦水入らずで過ごせることを少し期待しています。

関連記事

関連記事はありません。

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です